加古川の脱毛

怪我や火傷があると脱毛が受けられないので注意!

サロンで脱毛する際は、怪我や火傷をしないように気をつけましょう。

 

人気のフラッシュ脱毛は肌にやさしい施術となっています。

 

しかし、怪我や火傷をしている部分は敏感になっています。

 

ちょっとした刺激で症状を悪化させることもあり、安全性を考え施術を行っていません。

 

範囲が狭い場合は、保護テープなどを貼って怪我や火傷部分を避けて脱毛することもできます。

 

ただし、避けた部分のムダ毛は残ってしまいます。

 

これにより、結果、脱毛回数が増えてしまうこともあるんです。

 

怪我や火傷などしている場合は、脱毛するのが遅くはなってしまいますが、予約日を変更してずらす方がいい場合もあります。

 

ただし、サロンによっては、保証期間が決まっている所もあります。

 

事前にサロンに確認したり、相談することもできますので、しっかり検討しましょうね。

 

怪我というと、すり傷やきり傷などだけだと思われがちですが、打ち身などで青あざなどになっている部分も施術できません。

 

人気サロンのほとんどでフラッシュ脱毛が採用されています。

 

フラッシュ脱毛は、色の濃いものに反応するので、黒いムダ毛にだけダメージを与えられます。

 

しかし、青あざなどにより肌の色が濃くなってしまうと、肌にもダメージを与え、火傷などの肌トラブルを起こしてしまうからなんです。

 

脱毛中はスムーズに通えるように怪我などしないように気をつけましょう。

 

脱毛へは数回通う必要があります。

 

だんだんとムダ毛が減っていくので、通っている間も自己処理は必要になります。

 

脱毛前にカミソリ負けやうっかり切ってしまっては、キャンセル料がかかってしまい、損することもあります。

 

カミソリは直接肌に刃が当り、傷つけやすくなってしまいます。

 

より安全に自己処理していくには電気シェーバーがおすすめです。

 

また、怪我だけでなく、肌が荒れていたり、乾燥しているだけでも脱毛できないと断られてしまうことがあります。

 

毎日しっかり保湿ケアを行い、肌荒れや乾燥していない肌にも仕上げておきましょう。